クレジットカードはキャンペーン目的だけで作らない

クレジットカードのキャンペーンが目的でクレジットカードを作っている人もいるようですが、目的はあくまでほしいクレジットカードを作ることであって、キャンペーンはその手段にすぎません。キャンペーンの特典を目的にしてクレジットカードを作り続けていると、後で困ることになります。

クレジットカード会社では直近6か月のカード申込情報をチェックしています。この期間に集中してクレジットカードの申し込みがあるだけで審査却下の可能性が高くなります。キャンペーン目的でクレジットカードを作り続けるとそのうち審査で却下されることが多くなります。結果として本当に欲しいクレジットカードが作れなくなります。

また、クレジットカードの利用枠は割賦販売法の規制があり制限されています。その制限には既存のクレジットカードの利用枠が大きく影響します。キャンペーン目的でクレジットカードを多数作ると使っていなくてもそれらのカード利用枠も計算に含まれます。それが原因で今利用しているクレジットカードのリボ払い、分割払いの利用枠が下げられることになります。

こうした大きな影響があるのでキャンペーンだけが目的のクレジットカードづくりはやめましょう。