クレジットカードの申し込みが却下されたら

クレジットカードの審査で却下されたら、その却下理由によって原因を取り除いてから申し込みし直す必要があります。却下される理由としてはまず過去の支払い遅延があります。3か月以上の支払い遅延は支払い遅延が解消してから、5年以上経過しないとクレジットカードを作ることができません。個人信用情報機関の情報開示申請をして履歴がクリアされていることを確認してから申し込みましょう。

まったくクレジットの履歴がない場合も却下されることがあります。この場合は入会しやすいクレジットカードを作ってクレジットヒストリーを磨いてから、目的のクレジットカードに申し込みしましょう。

最近では貸金業法や割賦販売法の規制によって、クレジットカードの審査を通過しないケースも増えてきました。こうしたケースではキャッシング枠をゼロにして申し込みしたり、すでに持っていて使わないクレジットカードを解約したりすることで対応しましょう。

個人信用情報機関では6か月以内のカード申し込み情報も記録しています。そのためクレジットカードを申し込みし直す場合は最低でも6か月は期間を空けてから申し込みすることをおすすめします。短期間に申し込みが集中していると計画性がないという理由で却下されることもあります。