クレジットカードの申し込み書

クレジットカードを作るには申し込み書を記載する必要があります。これはインターネットで申し込みをするときも同じです。申し込み書の記入欄はなるべく未記入の欄を少なくして、すべて記入するように心がけることが大事です。

まずは氏名、生年月日、住所、電話番号など個人情報に関する記入欄があります。これは本人を特定するために必要なので、ふりがなも忘れずに記入しましょう。同じ感じでも読み方違うこともあるので、フリガナの記載は必須です。これを忘れると同姓同名の他人に間違われることもあるので注意しましょう。

勤務先に関する記入欄ももれなく記入しましょう。勤務先の情報はクレジットカード審査では重要な項目です。年収を記入する欄もありますが、自己申告の数字なのであまりあてになりません。むしろ同一勤務先に長く勤めているということが収入の安定を示すことになるので重要なのです。

年収欄に記入されエイル数字は、勤務先との兼ね合いで判断することになります。勤務年数が短いのに年収だけは高いという場合は、年収よりも勤務年数を優先して判断することになります。

基本的に申し込み書の記載欄に不要なものはありません。記入漏れがないように注意して記載しましょう。